フローラルホール城東会館で大阪なら安心納得の家族葬を近所で不幸があったため、お葬式に参列しました。大学生でちょうど授業にも余裕があったため、平日の昼間でもお葬式に行くことができました。
大阪の家族葬で気を付けたい知っておきたいマナーは亡くなった方は定年されて既に10年以上経ったという人であり、仕事をしていた時はかなり良い役職についていたと聞いています。しかし、定年後はあまり人と接する事はなく、大阪で家族葬専門施設を選ぶならむしろ奥さんの方が友好的ではありましたが、「旦那さんってどんな人?」「見たことないわ!」という会話がなされるような旦那さんでした。
遺族の方は葬儀には仕事関係の人も現れると思っていたようで、椅子には役職等が書かれていましたが、その椅子はほとんど空いていました。つまり、仕事関係の人は現れなかったのです。
考えてみれば、定年して10年も経っているわけですから当たり前と言えば当たり前です。また、定年してよほど友達を作り、あちこちで社交的な生活をしているわけではない限り、定年した後の葬儀はかなり寂しいものになる可能性があるのだということを知りました。もしかしたら、このような場合は家族葬などをした方が良いのかもしれません。