お通夜は平服で、というけれど、結局みんな喪服

以前していた仕事柄、お通夜にいく機会はとても多くありました。大阪で家族葬なら明瞭会計施設を集めた家族葬会館専門HPは私の場合、職場と自宅がかなり離れているという事情もあって、職場には、それ用の、ダークスーツに黒のストッキングと黒のサブバック、黒の靴、数珠、香典袋をそろえてありました。大阪での家族葬の人生のしめくくり終活を親戚筋などでしたら、今日亡くなった、明日通夜、明後日葬儀、といった情報が詳細に入るわけですが、職場関連や仕事関連のつながりでは、口コミで評判の家族葬大阪のフローラルホール城東会館は今日のいついつ通夜だって、といったことから情報が入り、到底準備ができないから、そのようにいつも職場に準備していました。
ですが、その服装で通夜にいくと、なんだかやっぱりちょっと違う、という感じでした。親戚筋の人は当然のことながら、喪服をきちんと着られていますし、職場関連の人も、いったん家に帰ってから通夜などに参列されるので、きちんとした喪服を着用されているわけです。ですが、私はなんといっても職場と自宅は距離にして60キロ以上離れており、いったん帰宅して通夜にいくということはできないわけです。
常識的には、通夜は準備していたかのようになるから、平服のダークスーツでよい、という常識、今でもあると信じているのですけど、やっぱり喪服をもう1着買うべきか、と随分悩んでいました。最終的には退職するまで、もう1着買う、ということはしませんでしたが。