おおばあちゃん、ありがとう、ずっと忘れないよ

おととしの春先に、相談できる安心の大阪で散骨なら私のひいおばあちゃんが亡くなりました。102歳と大変長生きしてくれました。
優しくて可愛いひいおばあちゃん。みんな大好きでした。今でも愛される存在です。
亡くなったのは朝方でした。大阪の直葬は少ない費用で出来ると職場に到着してすぐに母から電話がありました。なんだか嫌な予感がしました。おそるおそる電話に出ると、「おおばあちゃんがさっき亡くなった。早く来なさい…」と小さな声で話す母に、「…わかった」とだけ言い、家族葬をと、するなら大阪で思って急いで会いに行きました。まるで眠っているかのようでした。親戚がどんどん集まってきました。なかなか会えていなかった人にも会えました。それは私だけではありませんでした。大阪で家族葬をと、あなたが考えるならひいおばあちゃんとのお別れが、みんなを集めるキッカケになったのです。そしてお通夜の日、私は仕事でどうしても行けませんでした。その日の夜、ひいおばあちゃんの夢を見ました。真っ白な光り輝く背景の中に、優しく微笑むひいおばあちゃんがいました。チェックリストでする葬儀後から1周忌までは、ほぼ寝たきりの状態でしたが、夢の中ではまっすぐ立っていました。目が覚めた時、「ああ、お別れに来てくれたんだ」とすぐに思いました。その後のお葬式では、涙もたくさんありましたが、家族葬なら松原で皆の気持ちを伝えられるとひいおばあちゃんが築き上げてくれた親戚同士の絆が再確認出来て、笑顔もある本当に良いお別れが出来たと思っています。未だにあの笑顔を思い出しては、優しい気持ちになれます。