初めてのお葬式はけっこう辛かった

私が初めてお葬式を体験したのは、まだ小学生の時です。ここで大阪の散骨業者をそもそもお葬式はどのような式典なのかを理解していなかったので、特別自分が何かをしたという事はなかったです。大阪の直ぐに選べる直葬業者では唯一したのがお焼香を親と上げた事です。初めてのお葬式はいくつか辛かった事があり、まずはお経を唱えている時は、正座でずっと座っていなければいけなかったので、けっこうきつかったです。
家族葬を大阪で見直すと足はしびれてしまったので、足を崩そうと考えた事もありましたけど、他の人を見るとしっかりと正座しているのでお経が終わるまでは頑張って正座していたのです。また、伝統と格式を重んじる大阪の家族葬で雰囲気がやはり暗くて、ちょっと空気が重たかったのを覚えています。空気が暗くて重たい所に長時間いるのは精神的に辛かったです。さらに、亡くなった人を目の前にするとちょっと不思議な気持ちになり、失敗しない大阪でのお墓の探し方は自然と悲しくなったのを覚えています。どうして死んでしまったのか、自分もいつかはこういう日がくるのかというのを深く考えてしまって、しばらくは明るく振る舞う事が出来なったです。まだ小学生でしたけど、けっこう式の当日は覚えているので、それだけ自分にとっても大きな式だったのかなと思います。家族葬なら感謝の気持ちを伝える寝屋川の今後も葬式に参加しなければいけない時もあると思いますが、出来れば参加したくないです。